« 『久々の日本!一番に何をしようかな!?』 | メイン | 『真剣勝負に、急遽、参加!!』 »

『時差など吹き飛ばせ!』

10/29(火)、今日は、海外から帰国して時差を気にせず、昼間からは、
ゼミの講師を行い、夕方は、東京国際大学の倉田理事長・総長が主催
での「女子ソフトボール部の健闘を称える会」が行われ、部員、学校関係
者、ソフトボールの三宅部長が参加してくれました。

倉田理事長・総長から、今の4年生が9名で、現在の専用グランドが出来
ていない時に、川のドテや原っぱ等で練習場を探しながら練習をしていた
頃の思い出話と、この4年生が大学で率先して挨拶を行い、学校の雰囲気
を変えてくれた事などの御礼の言葉を頂き、私からも、今日のこの会を主催
して頂いたことへの謝辞と理事長・総長と同様に4年生との思い出話を紹介
し、三科監督の乾杯の音頭で会がスタートしました。

最初は、本当にチームとして戦えるかを心配するようなレベルでスタートしま
したが、今は、インカレへ連続出場、関東大学リーグで上位をキープするチー
ムとなったのは、本当に、この4年生がチームの礎をつくってくれて、1年生~
3年生が伝統を継承しつつあるということです。
写真は、礎をつくってくれた4年生です。
%E9%80%81%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B4%E5%B9%B4%E7%94%9F.jpg

又、私がこのチームを創る時に掲げた、「愛されて勝つチーム」をモットーに
戦ってきました。
お蔭様で、大会の大小を問わず、選手のご父兄や、学校関係者、今では、
大学チームの追っかけファンの方等、多くの方に応援されるチームとなること
が出来たように思います。
そう言った意味では、理想とするチームに近づきつつあるとは思いますが、
やはり、勝負は勝たなければダメであり、適当なポジションにはいるチーム
にはなったものの、一日も早い、インカレ優勝を実現してもらいたいと思いま
す。
その為には、やはり、妥協せず、努力を惜しまないことが大事だと思います。
「文武一道」を掲げて、邁進する後輩たちに期待します!

楽しく過ごした会も、金井投手から4年生へ送る言葉、降矢新キャプテンの
御礼の言葉、三宅部長の締めで幕を閉じました。
写真は、その時の様子と参加した選手です。
%E5%87%BA%E5%B8%AD%E8%80%85.jpg

%E5%BE%A1%E7%A4%BC%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89.jpg

%E7%B7%A0%E3%82%81%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89.jpg

2013102919120000.jpg

2013102918450000.jpg

2013102918530000.jpg


さて、今日の締めも、やはり、私を癒してくれる、かつきの顔を見て、寝かせて
任務は終了です。

宇津木妙子

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー





ミズノボールパーク

ユニチカメイト

Back Softball 2016