« 『夏休みも終わりに近ずきますが…』 | メイン | 『日本リーグ後半戦始まる!そして、上野投手173勝目!』 »

『日本体育学会第64回大会!』

8/30(木)、昨日は、緊急シンポジウムⅡスポーツ関係団体からみる「体育・スポー
ツ指導の原点とは何か~体育・スポーツ指導者養成の視点から」をテーマに行わ
れたシンポジウムに講師として行って来ました。

会場は立命館大学 びわこ・くさつキャンパスにて行われました。
一昨日から行われている日本体育学会では、多くの指導者や関係者が熱心に参
加されていました。
緊急シンポジウムⅡでは、コーディネーター:山口泰雄(神戸大学、学会大会委員
長)、司会者:宮嶋泰子(テレビ朝日アナウンス部局次長待遇)、シンポジウムでは、
友添秀則(早稲田大学スポーツ科学学術院、全国体育系学長・学部長会)による
体育・スポーツ指導の原点とは何か?をこれまでの視点から体育・スポーツ指導
者が養成され、体罰や暴力の問題を引き起こすどのような背景があったか、そして
指導の原点は何か等々の話しから、今後のスポーツ指導の方向性を話し、杉浦
久裕(文部科学省競技スポーツ課長)には「体育・スポーツにおける暴力に関する
文科省の取り組みとこれから」を話し、山口隆文(公益財団法人日本サッカー協会
・技術委員会委員長)には、「これからのスポーツ指導と指導者の育成」の話を映
像を観ながらサッカー協会のスピードある対応や先を見据えた組織、指導者、チ
ームの取り組み等々、素晴らしい話をしていました。

私は今回はピンチヒッターとして参加させて頂きました。
「スポーツ指導のこれまでとこれから」現役時代、監督として、どう選手と接して
チームづくりをしたか?指導者に求められるものとは?
私の経験と信念は、「愛情を持った指導と個々と向き合い活かす事であり、指導
者が変わらなければ変わることは無いと思います。
現役から監督となり、企業スポーツから大学部活、生涯スポーツと国内外の普及
活動を通しての話をしました。
みなさんのまとまった話を聴いていて『今でしょ!』今から変える事が大事である
と思いました。
選手が主役であることを忘れずに頑張りたいと思います。
帰りは東京国際大学の三宅先生も出席され一緒に、宮嶋さん、と雑談しながら
南草津駅から京都駅へ!
今日も沢山の勉強をしました。
京都から高崎へ無事帰還!?

さて、今日は、海外出張の準備と、夜は、週末に行われるリーグに色々なお客さん
が来るのでその相手をする予定です。
海外出張とは、9/3日~11日の間、アルゼンチンのブエノスアイレスに行ってき
ます。
IOC総会が行われ、2020年夏季オリンピック開催地・実施競技が決定されますが、
東京招致の仕事をJOCから依頼があり、出かけてきます。

9月7日・8日に上記が決まりますが、国内にいる皆様からもパワーを頂きながら、
最後のロビー外交を全力で頑張ってきます!!

宇津木妙子

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー





ミズノボールパーク

ユニチカメイト

Back Softball 2016