« 『ハッピー バースディー!』 | メイン | 『清水寺を参拝!』 »

一球の怖さ!勝負の非情さ!


昨日より京都の西京極で行われていた日本リーグの決勝トーナメントですが、劇的なサヨナラホームランにより、トヨタ自動車がルネサスエレクトロニクス高崎を8回タイブレーカーの3対2で破り、勝利した。
昨日は、ページシステムの初戦を今日と同じトヨタ自動車に1対0で破れ、後のなくなったルネサスチームは、今日の午前中に行われた3位決定戦では、最終回の7回裏にルネサスの山本優選手のサヨナラヒットで2対1でルネサスが勝利した。
決勝は再び、トヨタ自動車との戦いとなり、上野投手は北京オリンピックを思い出す3連投となった。
決勝戦も緊迫した投手戦となり、トヨタのエースのアボット投手と上野投手が一歩も譲らず、7回を終わり、トヨタが1安打、ルネサスが無安打でタイブレーカーに入った。先攻のルネサスが8回表に2点を入れた。
その裏にトヨタも1点を返すがツーアウト一塁となり勝負があったかに思えたが、9番バッターにまさかの逆転サヨナラツーランを浴び3対2で負けた。一瞬の間が差したような出来事であった。
決して、上野投手の投球が悪かったのではなかったが、相手チームの勝ちたいという気持ちが優ったということもあったのかもしれない。
久々にこのような試合を目の辺りにし、色々な事を考えさせれた。優勝したトヨタ自動車の選手を讃えつつも、ルネサスチームの選手・スタッフ、関係者の皆様にお疲れ様といいたい。
更に、一年間、頑張ったその他10チームの選手の皆様、大変お疲れ様でした。
少しの期間、身体を休めて下さい。
そして、新たな体制でのチャレンジを期待します。

宇津木妙子

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー





ミズノボールパーク

ユニチカメイト

Back Softball 2016