« 『懐かしさ』 | メイン | 『台風に負けての優勝!』 »

台風に負けない、勝利!&勝利!


5/28(土)、日本全国が台風2号の影響で、日本リーグ1部女子リーグの
2会場は、雨で順延になる中、群馬県前橋市では、ルネサスVS大鵬薬品の試
合が行われ、ルネサスは、5対3で勝利することが出来た。

一方、埼玉県の毛呂山大類ソフトボール場では、全日本大学選手権大会関東予
選が行われ、東京国際大学は、昨年のリベンジを果たし、本戦(インカレ)出
場権を獲得することが出来た。

昨年は、部員10名で、1回戦を清和大学と戦い、逆転負けをしたが、今年は
先ず、1回戦を1部リーグ3位の関東学院大学を12対5のコールド勝ちを
収めた。
もう一つ勝利すると本戦(インカレ)出場権を獲得できるのだが、相手は、
昨年、1回戦で逆転負けを喫した清和大学との試合となった。

東京国際大学は、序盤を5対1とリードし、選手も応援団の方も少し、安心
をしていたというか、心の隙もあったように見えたが、案の定、私の予想は
的中し、6の表に、エラー等も絡み、相手チームに一挙、5点を返上してし
まった。
昨年のチーム状況では、”万事休す”に思われる部分もあったが、今年は、
新人が14名入り、戦力も強化された部分もあるが、ここで東京国際大学の
選手は諦めることなく、気持ちを切り替えて、6回裏に2点を取り、7回表
を”0”点に抑え、7対6で勝利することができた。

この試合を観て感じた事は、

”何事も諦めてはいけない”
私のモットーでもありますが、”努力は裏切らない”である。

このチームは、スポーツ大学でもないため、普段の大学の授業を15:00
過迄行い、学部によって授業の終了時間が異なるため、全員が揃うのは、
18:00頃になり、そこから2時間程度を練習するという感じで、あまり
チームの連携プレー等も出来ていないのだが、選手は、練習が終わり、寮又
は自宅に帰り素振り等を行い、勉強と部活動と寝る間を惜しんでというのは
大げさかもしれないが、人一倍努力をしているようであることを三科監督か
らも報告を受けていた。

このような努力をしている生徒達は、大学での挨拶を率先するなど、キャン
パス内での教師や職員の方からも評判がよく、加えて、寮の大家さんなど、
地域の方の評判もよく、試合会場には、大会を行う度に、日増しに応援の方
も増えているような気がする。

私が目指す”愛されて勝つ”チームに一歩づつ近づいているのかも知れませ
ん。

何れにしても、昨年4月に創部したばかりの2年目のチームがインカレに出
場することは凄いことでもあると評価できますが、勝負は、これからです。

東京国際大学女子ソフトボール部員は、ようやく全国のスタートラインに立
っただけであり、8/26(金)〜29(月)に山口県下関市で行われる
インカレで本当の意味での実力が試され、結果でます。

日々の部活動を含む学校生活に満足することなく、高い志をもって、何事に
もチャレンジしてください。

私も皆の活躍を期待し、陰で支えます!!
今日は、天気は雨あるいは曇りでありましたが、私の心は晴れやかです。

宇津木妙子

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー





ミズノボールパーク

ユニチカメイト

Back Softball 2016