« 「実りの秋」 | メイン | »

「駆け巡る青春!? ソフトボール三昧!」

16(土)、早朝7:00に、大学秋季リーグの優勝を懸けた対筑波大学戦の前の選手の練習を指導するため、埼玉県坂戸市にある東京国際大学のグラウンドに向かった。
当日、15:00〜山梨県甲府市緑が丘球場で行われる、ミズノビクトリークリニックの講師を務める関係で、試合前の練習指導だけで大学の試合を観ることなく、また、12:00に今度は、山梨に向かった。
山梨に戻る高速道路で、主人が車を運転する中、大学の試合状況を大学関係者に聞きながら、一喜一憂しながら大学の試合結果を耳に入れていた。試合の方は、11対0の5回コールド勝ちで、全体成績で、3勝1分けで、Ⅱ部リーグの優勝を決めることができた。
今年の4月から半年しか経っていない中、マネージャーを入れて、わずか10名の選手たちは、日増しに実力をつけて、よくぞ、優勝できたというのが本音で、選手の頑張りと、三科監督の指導に敬意を表すだけである。


「優勝おめでとう!」

喜びは束の間、翌日(17日)は、Ⅰ部入替戦が、再び、埼玉県毛呂山大類ソフトボールパークで行われることとなった。

一方、道中、大学の試合結果に胸をなで下ろしていると、今度は、同時期に行われているルネサスエレクトロニクスVS伊予銀行の試合結果を山梨県にいる関係者に聞くと、途中、7対1でルネサスリードの知らせに安心をしていた。
球場が近くなり、改めて状況を聞くと、7対7でタイブレークに突入の知らせを聞き、どうしたの心配をしながら球場に到着。
ちょうど、試合が終わった時でであった。
延長9回、12対11のルネサス勝利で幕を閉じた。


この後は、次の試合を観戦し、ビクトリークリニックで長い1日の幕はとじた。

因みに、夜は、今年のB1グルメに輝いた、“甲府鳥モツ”を食べて床についた。


17(日)、早朝7:00、昨日と同様に、中央高速道路を走り、埼玉県毛呂山大類ソフトボールパークで行われるⅠ部入替戦会場を目指した。

試合の方は、事前に行われたⅡ部入替戦が伸びてしまい、11:30〜の試合となってしまった。
入替戦の相手は、清和大学である。夏場の練習試合では、東京国際大学が勝利していたようであるが、気を抜いての試合は
出来ないと感じていた。
試合の方は、終始、清和大学のペースでというか、運も味方することなく、0対4で負けてしまった。
敗因は、いくつかあるが、私は、試合後の選手を集めたミーティングでは、相手の勝とうという意識が、今回は、我が大学を勝っていたその違いによるものであることを最後に申し添えた。
試合での細かいミス等も重なり、不運さを感じたが、運も実力のうちである。
「どんな勝負でも勝たなければならない」

また、この日、日本リーグの最終節最終戦では、ルネサスエレクトロニクスが、トヨタ自動車を4対0で有終の美を飾り、11/6(土)・7(日)に京都わかさスタジアムで行われる決勝トーナメントに臨むことになる。
リーグ三連覇を目指して頑張って欲しい!!
余談ですが、この3日間、車の走行距離は、800キロを上回った!!
ドライバーにも感謝です!!

                                       宇津木妙子

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー





ミズノボールパーク

ユニチカメイト

Back Softball 2016