« 『取材〜講演〜トップアスリート事業へ』 | メイン | 「感動をありがとう」 »

26日(金)メルパルクホールにて、全国養護教論連絡協議会「第15回研究協議会」の講演に行って来ました。
全国の幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の養護教論、都道府県、政令指定都市教育委員会関係者、その他学校保健関係者1400人が参加しての研究協議会でした。殆どが女性でした。
「ソフトボールを通じてのチームづくりや育て方」、「夢の実現のために大切なこと」などわたしの生き方や「子どもたちの夢のサポート」をする力だけではなく、養護教論自身の「人生の夢」について考えることができるような話をお願いしたいとの依頼がありました。

今、国内の学校を周りながら感じる事、考えさせる事、自分の経験、体験を話しました。

90分が短くも感じた今日の講演で先生方にお願いしたいことは「子どもは全員が違うという事を知り、その子の光を見出だして欲しいとお願いしました。

難しい時代だが相手としっかり向き合い、会話をすることが大事だと思いました。講演中でも今一番に盛り上がっているフィギュアは?結果は?日本中の期待の中で戦ってい
る選
手の事が気になりながらの講演でした。悔いのないように「自分を信じて」
頑張れ日本!
2人での写真は文部科学省スポーツ・青少年局の采目智津江さんと、全員の写真は協議会役員の皆さんでした。
2010022612030000.jpg

2010022612040000.jpg

宇津木妙子

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー





ミズノボールパーク

ユニチカメイト

Back Softball 2016