« 「熱い夏よ再び!感動をもう一度! BACK SOFTBALL 2016」 | メイン | 世の中は、夏休みモードに突入!私は、何モード!? »

お泊り保育にドキドキ!!

今週も講演会、ソフトボールフォーラム等で、全国を走り回っています。
7/13(月)は、横浜で講演、14(火)東京でTV関係の仕事、15(水)は福島でトップアスリート派遣事業教室、
16(木)は、香川で講演と全国を飛び回っています。
自分でもよく頑張っているなと、有森裕子さんではないですが、「自分で自分を褒めてやりたいです」
まあ、何もしていない事が性に合わないので、当たり前の行動なのですが…

そして、昨日(17日)は、麗華の姪っ子の可月(かつき)の「一日お泊り保育」があった。
可月は天使幼稚園の年長さんであるが、はじめての経験でもあり、私にとっては、7月唯一の休みでもあった
ので、親以上に心配だったので、可月を10:00に幼稚園に送っていった。

お泊りに必要な荷物を幾つかもって、普段どおり、元気よく参加しようとする可月に、「可月!一人で本当に
大丈夫!?」と声を掛けると、「監督ママ!私頑張ってくる!」と私の心配をよそに、無邪気に応答してくれた。
幼稚園の教室に向かう可月の後ろ姿に、「可月、頑張れ!」と心の中で叫びながら感慨深げに見送って帰路
した。

しかし、夜になると、私と同様に可月のことを心配していた麗華が、「監督、可月の様子を見に行こうか!?」
ということで、改めて、夜の8:00に幼稚園に車で向かった。
幼稚園に着くと、キャンプファイヤー等を行ったのだろうか、保母さんたちがグランドで後片付けをしており、
可月の顔を見ることは出来なかった。
幼稚園の部屋の方を羨ましげに見つめていると、「かっちゃん、一緒に寝ようか!?」というような言葉が
外に聞こえてきた。
その言葉に、麗華と顔を見合わせながら、友達とうまくやれていそうだなと安心して、家に帰ることとした。

家に帰っても心配は続き、、ふと考えた。
「親はすごいなあー」
私なんて、他人の子供でこんなに心配してしまうのだから、自分の子供なら日々の行動に心配だらけで、
親の仕事は勤まらないのではないかと…

でも、子供はこのような事をいくつも経験して、日々成長し、自立していくんだなーと…

そして、今日(17日)、11:00に、可月が無事帰ってきた。
昨日の状況はわからないが、元気よく、「監督ママ!私、頑張ってきたよ!」と笑顔で答えてくれた。
その言葉に、うるうるしてしまった。年をとったのかなあ…

この言葉に安心して、今日も昼間に東京で講演をこなし、それが終わった後、今、徳島に入った。

明日(18日)、徳島でソフトボールフォーラムが10:00〜あるからである。

明日も暑くなりそうですが、「可月に負けないように頑張るぞっ!」

                                宇津木妙子

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー





ミズノボールパーク

ユニチカメイト

Back Softball 2016