aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2009年06月 | メイン | 2009年08月 »

2009年07月 アーカイブ

2009年07月02日

翼状片手術、無事終わるの巻

去る6月30日の15時、高崎市の小林眼科様において、
左目の翼状片手術がはじまった。
翼状片とはいったいどんな病気かというと、黒目に白目が
かぶさるもので、特に、紫外線を浴びる機会が多い人が
なりやすいようで、私はまさしく、その典型的なパターンである。
だいぶ前からこの病気にかかっていたが、なかなか時間が取れず、
今回、ようやく手術にこぎつけた。
手術は30分程で、手術する目に麻酔をかけて行うのだが、
想像以上に痛かった。

しかし、手術事態は、小林先生の華麗なる手さばきにより、無事終了した。
実をいうと、麻酔はかけられた状態であるが、目は見えるし、
意識もあるので、先生と助手の言葉のやりとりは聞こえるし、
目の上を、メスやガーゼが行き来する光景も見えてしまうのである。
その時の先生の手さばきは、まるで魔法の手であった。
小林先生、いつも有難うございます!

さて、今週も、群馬と高知、神奈川で講演があり、
バタバタと忙しくしてましたが、
週末は、3月の東京会場に引き続き、
二回目の親子キャッチボールキャラバンが横浜で行われる…

今回は講師として、日立ソフトウェアより、斎藤春香総監督をはじめ、
北京オリンピックで活躍した西山選手、馬渕選手、
そしてキャプテン山田選手が参加してくれます。

場所は7月5日(日)の10時より、横浜市金沢産業振興センターにて。

またまた、楽しくふれあって来たいと思います。

宇津木妙子

2009年07月03日

【お知らせ】親子キャッチボールキャラバン事務局より

皆さん、こんにちは。

天候が心配されておりました、明日(5日)「宇津木妙子親子キャッチボールキャラバンin横浜 親子キャッチボール体験教室」は、当初の予定どおり『産業振興センター サブグラウンド』で開催いたします。
9時30分より受付を行っておりますので、当選通知書をご持参のうえご来場ください。


宇津木妙子親子キャッチボールキャラバン実行委員会 事務局
担当:中尾 (連絡先 090-4393-9431)

2009年07月06日

先週の出来事、一挙公開!!

先週もバタバタしておりました。先週の行動を一挙に公開します。

①7/2(木)…某化粧品メーカーの講演に横浜へ
私と同年代のリーダーを中心に、全国セミナー2009の開催に招かれての講演でした。
同年代ということで、私と共通点もあり、いつもよりも気楽に昔話とソフトボールの想いを話しました。皆さん真剣にうなづいて聞いてくれたり、泣いたり大笑いしたり楽しい一時でした。同年代だからこそ頑張ってほしい。そして、若い社員等を活かしてほしい。
仕事は違っていても同じ想いで頑張っている皆さんにエールを送ると同時に、私も皆さんに負けないように頑張ろう・・・と刺激も受けました。関係者の皆さんありがとうございました。
②7/3(金)…トッップアスリート事業IN高知
高知県奈半利中学校において、最初の1HRは、講義を行い、学生に夢を与えるような話をし、後半の1HRは実技である。各学年の代表20名が基本の投げ方、捕り方、そして、私のノック、最後はノーエラーノックをして、全校生徒の見守る中、応援の中、何度かのやり直しはあったが、「緊張感とリラックスの切り替え方」の指導後、一発で成功し、全員とハイタッチで実技は終了した。
真剣にボールを捕る目!!この目の輝きを見たとき、「必死さ」「集中力」の大切さを学ぶことが出来るのではないかと思う。
私の授業をとおして、何かのきっかけになって欲しい。これからの学生生活に活かして欲しい!校長先生はじめ、教職員の皆様、生徒、教育委員会、保護者、地域の皆様有難うございました。

③7/4(土)…某銀行の講演IN横浜、更に、嬉しい知らせが届く!
某銀行の組合主催の若手組合員(平均年齢29歳)、150名を対象に講演を行った。休みの中で、若手を中心の会を開いての熱心さに更なる企業の発展を祈りたい。
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF2348.jpg


また、この日は、山梨県の小瀬球場で、全日本総合選手権の関東ブロック予選が行われた。7チームが参加し、4チームが選手権への出場切符を手に出来るのである。
群馬県から、ペヤングチームが初参加した。
田上監督も「勝たなければ」というプレッシャーの中、大会前、ストレスが溜まっていたようであり、私から、「やってきたことをやること!選手を信じること!」そして、「結果を考えず、1戦1戦を確実に!」というようなアドバイスを送りました。
第1戦は、淑徳大学と苦戦をしながら1対0で勝利し、第2戦は、日本体育大学と戦い7対2で勝利、総合選手権の出場切符を手に入れると同時に、実業団2部リーグへの加盟権利も手にした。
まだ、チームが出来て3ヶ月というこのチーム、丸橋社長の熱心さと、会社、地域の方々の応援のお陰!そして、それらの期待に対し、田上監督以下、選手が日頃の練習の成果を出したこと。
「努力(練習)は裏切らない」
そのとおりの結果となった。
「ペヤングチーム、おめでとう!」関係者の皆様、本当によかったですね!
更なる、ステップアップを期待します!!

④7/5(日)…「親子キャッチボールキャラバンIN横浜」開催
第2回目となる「親子キャッチボールキャラバン」が横浜で開催された。
当日は、100組の小中学校生を子供に持つ、親子さんが参加し、AMは、親子キャッチボール体験教室、PMは、私の講演と、パネルディスカッションである。

協力してくれた日立ソフトウエアの斎藤総監督、馬渕選手、西山選手、山田選手、本当に有難うございました。
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3IMG_3689.jpg


教室では、色分けチームに4人がリーダーとなり、キャッチボール指導や、ゴロ捕り、そして、参加者全員が私のノックを2本ずつ受けて教室は終了した。
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF2393.jpg %E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3IMG_3637.jpg

パネルディスカッションでは、司会の大西さんのもと、私たち5人のトークショーがはじまった。斎藤総監督や選手達の想いや、考え方、取り組み等を話してくれた。皆の成長と共に、ソフトボールに対しての想いの強さを感じ、安心もした。
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF2450.jpg %E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF2455.jpg


ソフトボールを盛り上げ、子供たちの夢をなくすことなく、私達の出来ることを精一杯、取り組んで行きたいと改めて、決意を固めた一日でありました。
共催の横浜市、(財)横浜市ソフトボール協会、特別協賛の森永製菓(株)他、協賛、協力、後援企業・組織の皆様、そして、暑い中、取材にお出で頂いたマスコミ関係者の皆様、本当に有難うございました。

最後に、参加者の皆様お疲れ様でした。
ソフトボールを愛し続け、生涯競技として継続して頂ければ幸いです!

%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF2467.jpg

次回は、9/22(火)の岐阜県で行う予定です。

                             宇津木妙子

2009年07月08日

トップアスリート事業in鹿児島

7/7(火)、某保険会社の講演で大阪へ、講演後には伊丹空港から鹿児島まで、トップアスリート事業へと向かいました。
鹿児島空港へ着くと鹿児島県日置市教育委員会の役員の人が出迎えて頂き、今夜お世話になる旅館へ、高速道路から一般道路一時間の車移動、高崎に比べると日が長いのかなぁ?
山間部の静かな旅荘「みどり荘」に到着、8時を回っていて部屋に案内され、天然温泉と言うことで休むことなく温泉に入り、一息をついた。
遅くの夕食、一人で鹿児島黒牛の鍋物、サラダ、さつま揚げと鹿児島ならではの料理でした。
いつも通り、朝からの散歩(山の中の遊歩道のような細い道を歩きました)一時間、そして、朝から露天風呂に、大浴場と露天風呂が離れているのは珍しく一人のんびりし、今までの疲れがスーッと抜けたようなー。
回りは木や草や虫が居たり、自然の中で沢山の『気』を頂きました。朝食は藤棚の下で回りの池や自然の木々に囲まれての食事でした。
みどり荘のご主人や奥様、従業員の優しさが、、ホッとした一時でした。

八時半過ぎには委員会の迎えで日新小学校へ、学校へ着くと子供達が大きな声で挨拶をしてくれ、嬉しさ倍増!!今日も頑張ろうと張り切る私でした。
いよいよ始まり、校長先生に連れられグランドへ行くと、子ども達がソフトボールの絵や想いを書いた小旗を振っての歓迎でした、その旗には「BACK SOFTBALL2016」と。感激で胸が熱くなりました。

いつものように、お話と実技をしました。暑い中で汗びっしょりの教室でした。
アスリート事業では保護者、地域の方が集まりグランドには大勢の見学者もいて、皆さんの熱心さに驚きました。学校を出る際には地域の方の力強い握手に暖かさとパワーを頂きました!ありがとうの一言です。

また、明日から講演が続きますが、今出来ることに感謝をして頑張ります。

宇津木妙子

2009年07月13日

7/11(土)感激と寂しさと区切り・・・ 『お疲れ様会』

私の教え子が23年間のお疲れ様とシニアアドバイザーのお祝いという名目でOGを集めてくれた。

2月にやって頂いた会社と現役選手による会とは違った、創部当時の一期生から私が初めて高崎に来たときのメンバーから現在のOGが、北は仙台から、子ども連れで旦那さんに送ってもらっての参加、幸せすぎてかなり体型を崩しているもの、現役当時から15kg以上も増えたとか。子供を片手抱き抱えている姿には驚きより子どもに同情してしまう。みんなたくましい。
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%81%8A%E7%96%B2%E3%82%8C%E3%81%95%E3%81%BE%E4%BC%9A%20011.jpg

会の趣旨を吉野会長(私のマネージャー)から、「本来であれば就任をされたと同時に皆様にお声がけをし、会を開くべきだったが、リーグ前半戦が終了してからのこの時期であれば、監督の新たな活動内容を皆さんに少しでも多く、お伝えできるのではないかと思い、時期をずらしての開催とさせて頂きました。
本日は限られた時間ではありますが、今まで以上に幅広い活動をされている監督からのお話や、昔話で花を咲かせながら楽しいひとときを過ごしましょう」との挨拶があり、そして、乾杯、歓談中は昔話に花が咲き、特別ゲスト、私の元彼。そんな司会者からの呼び掛けに胸がドキドキしてしまい、もしかして、まさか、なんて。。

%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E5%90%89%E7%94%B0%E8%B2%B4%E5%8D%9A%E5%90%9B%E3%81%A8.jpg

私の最初のキャプテンの子ども、一番最初の孫である「吉田貴博」大学生、生まれて二週間目にグランドに来てくれた、北風の吹く寒いとき、熱心さにも裏で選手を叱り飛ばしていた処に来た貴博は、選手にとっては天使のような。私は来るなりグランドコートに包み込んで抱っこしたりおんぶしたり、時にはおんぶしてノックした記憶も(^。^) 我がチームは選手の子ども達の溜まり場にもなることもあるぐらい、皆子ども連れでよく来てくれる。嬉しい、でも小遣いもかなり出した記憶も。選手も親になると図々しくなりますからね。
貴博のメッセージを頂き、途中は今私がやっている「バックソフトボール2016」西アフリカでの活動のビデオや親子キャッチボールでのビデオが流れ、雑談中には、昔は試合や遠征のバスの中での加山雄三さんの曲を流していたので、その曲が流れ、そして、福山さんの『私は風になる』も流れた。
最後の私のお礼の挨拶、23年間の想いやこれからの想いや夢、OGからのメッセージカードの贈り物は最高の宝物でした。
指導者になり、「強くて愛されるチーム」をスローガンに厳しいルールを作り、時に、理不尽な事もかなりあっただろう。今こうして、教え子が集まり思い思いを話している姿を見ていると、胸が熱くなりました。

そして、「ありがとう。」と呟いた私でした。

最後は吉野会長と2ショット! 
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%81%8A%E7%96%B2%E3%82%8C%E3%81%95%E3%81%BE%E4%BC%9A%20037.jpg


                    宇津木妙子

2009年07月14日

「CATCH THE DREAM 努力は裏切らない(DVD)」が出来ました!

6/20(土)のブログで簡単に触れましたが、今年の4月1日よりユニチカメイト株式会社様と「スーパーバイザー」契約を結びました。
この契約の背景には、私が高校を卒業後、実業団のユニチカ垂井でソフトボールを13年間行い、お世話になったという縁と更には、ユjニチカメイト様のスポーツ教室をする上での信念として、「スポーツを通じた人間育成」という視点から、学校教育の現場、地域スポーツ活動などへユニチカ出身の指導者・選手を中心に「子供たちの豊かな心」をはぐくむ事業を行っているという考え方に賛同したということからであります。

「今、私が出来ることを精一杯に行い、地域社会に貢献できればと考えます!」

また、この契約を機にということではありませんが、私が監修・指導したDVD「CATCH THE DREAM 努力は裏切らない」を作成することができました。

なお、市場での販売は、ミズノショップ様の神田店、高島平店及び大阪店のみとなっていますが、少しでも興味がある方又は、購入を希望する方は、下記のURLをご覧頂ければ幸いです。

http://www.unitikamate.co.jp/school/dvd.html

http://www.manabii.com/

今までの市販品にはない、私らしい“自然体”のDVDが完成したような気がします。
また、ソフトボール以外のスポーツあるいは、企業教育・人材育成にも役立てられるような仕上がりになったとの評判も得ている!?ようです…

このDVD作成に当たり、お世話になったスタッフ・関係者の皆様並びに我が「ルネサス」のソフトボール部の皆には改めて、御礼申し上げます。

                                   宇津木妙子

2009年07月15日

「熱い夏よ再び!感動をもう一度! BACK SOFTBALL 2016」

梅雨明け宣言が続々とされる中、暑い夏が訪れようとしています。
今日からは、海の向こうでは、メジャーリーグのオールスター戦が行われる中、イチロー選手がどんな活躍をしてくれるのかと、ここでも熱い期待が高まっています。

さて、「暑い夏」!?「熱い夏」と言えば、忘れることのない、昨年の北京オリンピックでの女子ソフトボールの金メダル獲得であります。
あれから、もう1年が経つのですね!

既に、皆様も御承知のとおり、2012年のロンドンオリンピックにおいては、ソフトボール競技は、除外され、TVでそして、現地で観戦することもできません。

2016年のオリンピック競技として復活出来るかの採決も、来月(8月)のIOC理事会で7競技から2競技に絞り込まれます。先ずは、ここをクリアできないと、10月のIOC総会の議題にものらず、敗北となります。

私としても、日本国内はもとより、海外では、イギリスやアフリカのガンビアに行き、ソフトボールの普及活動を実施していますが、私一人の活動にも限界があります。

そこで、改めて、皆様にお願いがあります。
2016年のオリンピックにおいてソフトボール競技が復活出来るよう下記のURL 「BACK SOFTBALL 2016」の中の応援メッセージ欄がありますので、是非ともメッセージをお寄せ頂ければと思います。
既に投稿されている方は、学校でも職場でも結構ですので、皆様の周りにいるソフトボールファンにお声を掛けて頂き、投稿という行動に結びつけて頂ければ幸いです。

一人ひとりの行動の積み重ねが大きな力となり、目標が達成できると確信します!

私は、2016年のオリンピックにおけるソフトボール競技の復活を信じ、8月のIOC理事会が開かれている時には、再び、アフリカのガンビアそしてケニアにおいて普及活動を行っています。

皆様とともに、吉報を待ちます!!

「よしっ! よしっ! やったーー!!」とアフリカの地で再び叫びます!

Back Softball 2016公式サイト↓
http://www.softball.or.jp/backsoft/

                            宇津木妙子

2009年07月19日

お泊り保育にドキドキ!!

今週も講演会、ソフトボールフォーラム等で、全国を走り回っています。
7/13(月)は、横浜で講演、14(火)東京でTV関係の仕事、15(水)は福島でトップアスリート派遣事業教室、
16(木)は、香川で講演と全国を飛び回っています。
自分でもよく頑張っているなと、有森裕子さんではないですが、「自分で自分を褒めてやりたいです」
まあ、何もしていない事が性に合わないので、当たり前の行動なのですが…

そして、昨日(17日)は、麗華の姪っ子の可月(かつき)の「一日お泊り保育」があった。
可月は天使幼稚園の年長さんであるが、はじめての経験でもあり、私にとっては、7月唯一の休みでもあった
ので、親以上に心配だったので、可月を10:00に幼稚園に送っていった。

お泊りに必要な荷物を幾つかもって、普段どおり、元気よく参加しようとする可月に、「可月!一人で本当に
大丈夫!?」と声を掛けると、「監督ママ!私頑張ってくる!」と私の心配をよそに、無邪気に応答してくれた。
幼稚園の教室に向かう可月の後ろ姿に、「可月、頑張れ!」と心の中で叫びながら感慨深げに見送って帰路
した。

しかし、夜になると、私と同様に可月のことを心配していた麗華が、「監督、可月の様子を見に行こうか!?」
ということで、改めて、夜の8:00に幼稚園に車で向かった。
幼稚園に着くと、キャンプファイヤー等を行ったのだろうか、保母さんたちがグランドで後片付けをしており、
可月の顔を見ることは出来なかった。
幼稚園の部屋の方を羨ましげに見つめていると、「かっちゃん、一緒に寝ようか!?」というような言葉が
外に聞こえてきた。
その言葉に、麗華と顔を見合わせながら、友達とうまくやれていそうだなと安心して、家に帰ることとした。

家に帰っても心配は続き、、ふと考えた。
「親はすごいなあー」
私なんて、他人の子供でこんなに心配してしまうのだから、自分の子供なら日々の行動に心配だらけで、
親の仕事は勤まらないのではないかと…

でも、子供はこのような事をいくつも経験して、日々成長し、自立していくんだなーと…

そして、今日(17日)、11:00に、可月が無事帰ってきた。
昨日の状況はわからないが、元気よく、「監督ママ!私、頑張ってきたよ!」と笑顔で答えてくれた。
その言葉に、うるうるしてしまった。年をとったのかなあ…

この言葉に安心して、今日も昼間に東京で講演をこなし、それが終わった後、今、徳島に入った。

明日(18日)、徳島でソフトボールフォーラムが10:00〜あるからである。

明日も暑くなりそうですが、「可月に負けないように頑張るぞっ!」

                                宇津木妙子

2009年07月20日

世の中は、夏休みモードに突入!私は、何モード!?

日本ソフトボール協会普及委員会(委員長:不肖、宇津木妙子)主催のソフトボールフォーラムが、7/19(日)に徳島県で行われた。
今回で第6回目であるが、全国9ブロックで開催され、講師は、オリンピアンを中心に 行う予定である。

18日(土)、羽田発の最終便にて高松空港に着き、徳島県三好市のソフトボール会の役員の出迎えで徳島へ向かうこととなった。
香川県との県境の為、高松空港が近いとの事であるが、電灯の無い真っ暗闇道路、近道と言うことで山道のS字カーブを運転している役員の方にはご迷惑をかけてしまった。
1時間半かけて宿舎に入り、県の理事長始め皆さんが出迎えてくれた。今回のオリンピアン代表は、太陽誘電の山路監督、坂井投手であり、夜遅く合流となった。
19日(日)午前中は、開講式が行われ、そして、私の講演で終了である。午後はソフトボール教室が行われた。
小学生は私、野手担当は山路監督、投手は坂井選手が担当することになり、短時間でしたが楽しくふれあいが出来ました。関係者の皆さんお疲れ様でした。 終了後、3人を高松空港に送っていただいた車中ではアトランタからシドニー、アテネのそれぞれのオリンピックの話しや合宿の話しで盛り上がり、みんな今があるのも、あの時苦しかったこと、辛かったこと楽しかったことと想い出話しに慕った。
3人とも、今になって、この年!?になって、ようやく解った何て!?昔を懐かしみながら、大笑いの車中での移動でした。
「人生なんてそんなものですね!」 その時は、いいと思ってやったことや、 理解してやっているつもりでも立場が違とそれぞれの立場の中での考え方があるということで、解っていたつもりでも、当時を忘れてまったりで、「初心に返る、原点を忘れるな!」とはそう言うことなのだと…
最後に、日本代表の合宿地であった伊豆の天城の船原旅館で、あの頃とは違た又成長した選手と再会したいねという話で空港に着き、当日、21時前に高崎に帰って来ました。今週もよく全国を駆け回りました!!
次回フォーラムは30日の北海道帯広です。暑い夏の始まり、学生は夏休みにりましたね。
ブログを覧の皆様へ学生は、「しっかりした目標や計画を立てて、勉強にクラブ活動に取り組んくださいね!」そして、大人の皆様は、部下や子供たちから尊敬されるようなブレない行動(後ろ姿)での日々の御活躍を期待します!!
私の頭の中では、USAワールドカップも気になっていますが、結果は如何に…
貧乏性で、暇なしの私でした!
        宇津木妙子

2009年07月21日

解説風景

21日女子ソフトボールワールドカップ2009の解説に行ってきました。
谷口広明さんと佐藤理恵さんと決勝戦を観ての収録でした。

2009072113520000.jpg

6カ国(日本、アメリカ、オーストラリア、カナダ、オランダ、イタリア)によるシングル・ラウンドロビン方式(一回戦総当たり)の予選リーグを行い、その順位にしたがって最終順位決定戦を行い、優勝を決定する。
リーグ戦の結果は全勝がアメリカ、三勝二敗が日本、オーストラリア、カナダの三チーム、同率のため、得失点差にて順位が決まった。
どこの国も若手が中心のチームでこれからの強化が楽しみなのではないかと!!
ソフトボールを世界に広めるためにもメディアの皆さんの協力をお願いしたいです。
アメリカもバックソフトボールを掲げて盛り上がっていました。

宇津木妙子

2009年07月24日

「忘れることがない記念日!」

7/22(水)は、私達の結婚記念日であり、今年は区切りの10周年を迎えることができた。
あっという間の10年であった。

又、偶然というか運命なのか、この日は、上野投手の誕生日でもあり、この日を忘れることは生涯ないことであろう…

当日は、東京お台場での講演があり、何もない1日でしたが、昨日(23日)、1日遅い記念日を可月(麗華の姪っ子)家族とお祝いをしました。
フランス料理のフルコースでした。
高崎の「リンデンバーム」というレストラン。
そこでは、私のソフトボール部の教え子で、3部・2部・1部の時のエースピッチャーが働いていて、美味しい料理で、記念日を添えていただきました。

可月は素敵なドレスを着て祝ってくれました!

主人にはただただ『感謝』の一言ですね。
言葉では簡単に言えますが、ひとつひとつの事に、一歩引いた所で私を支え、応援して、常に私の後ろで、後押しをしてくれている。
申し訳ないなぁと思うことばかりである。
「改めて心よりありがとう!これからも宜しくお願いします!」の日でした。
         宇津木妙子

2009年07月29日

子供たちに学ぶ!

先週末もバタバタしていました。

7/24(金)は、名古屋で講演を行い、昔の仲間も聴講に来てくれて、声をかえてもらい嬉しかったです。
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF2598.jpg

7/25(土)は、2016年オリンピック東京誘致活動の一環で、東京都武蔵野市で「育てる」というテーマでのトークショーにアニマル浜口さん親子、上野選手、そして私が参加しました。
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3IMG_0512.jpg

アニマル浜口さんは、トークショーの30分前から声の発生練習をしていた。また、色々な会話をしましたが、とても物知りで、京子ちゃんは、素晴らしいお父さんの背中を観て育ったんだなーと感じました。
アニマル浜口さんは七福神のように「ワッハハー! ワッハハー!」という声と、身近で観ると顔つやが良く、観ているだけでパワーをもらい、勉強になりました。
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3IMG_0546.jpg

ありがとうございました。

7/26(日)27(月)は、群馬県猿ヶ京にて、キッツキャンプに応援団長を兼ねて参加してきました。
子供たちが夏休みに、親元を離れの3泊4日のキャンプです。

子供たちが「自立」していく場でもあり、頑張る力を養う場でもあり、仲間との協調性を学べたらなーと親心で見守りました。

少子化で兄弟姉妹が少ない環境の中で育ったき子供たちが、このキャンプ中は、自分中心、自分の思いに何でもやれる環境でない、全然、知らない友達と寝起きを共にするのである。
なかなか、仲間に入れなかったりですが、徐々に、お互いを尊重しあって、助け合い、グループ毎に頑張っている姿を見て嬉しく思った。
utsugi.jpg


ただ、一番心配だったのは、各グループのリーダーのお兄さんお姉さん(専門学校生のボランティア)でした。

子供たちの性格も分からず、四苦八苦の様子でした。

リーダーのお兄さんお姉さんたちも、自分の子供の頃を思い出し、しっかり向き合い、背伸びせずにやったらいいのになあーと思いながら指導する光景を見つめていました。

「頑張れリーダーたち!」

子供たちには、このキャンプで仲間との助け合い、思いやり、頑張る力、感謝、そして、大きな声で挨拶をすることなど学び、明日以降の生活で活かして欲しいです!
20090727_%CE%BC_0028%20utsugi%20waming%20UP.jpg 20090727_%CE%BC_0099%20utsugi%20knock.jpg



私の短い夏休みのよい思い出になりました。

今日も今から、北海道のスポーツ教室に向かいます!!

                   宇津木妙子

2009年07月31日

ソフトボールフォーラムin北海道

今回は高山樹里選手、佐藤理恵選手が参加し、帯広の小学生・中学生・高校生が集まり、講演、質問コーナー、実技、サイン会をしました。
2009073013290000.jpg

私の元気な大きな声に子供達は圧倒しながらも最後は大きな声を出してノックを受けていました。
デモンストレーションにて高山選手のピッチングを見て凄い凄いと観ていました。次はバッティング佐藤選手がロングティーを外野への大きな当たりとバットスピードの速さ、ボールをバットにのせ、ぐんぐん伸びる打球を見て、これまた凄いの連発でした。
指導者の先生、保護者の皆さんも何かを感じてくれたのではないかと。
昼食は役員の方の自宅で採れたものを料理して北海道ならではのご馳走を頂きました。
2009073013270001.jpg

私達の教室終了後ビッチャーの講習があり、ベンチで食事をとっている私達の前で投球練習をしていました。
今年の北海道の夏は終わってしまうのではないか?今日も涼しい一日でした。私たちにとっては最高の気候でした。
北海道協会、帯広協会のみなさん、高山さん、佐藤さんありがとうございました。
今日も出会いが出来ました。フォーラムをするたびにオリンピアンの成長が、みんな逞しく強く、しっかりした自分を持っているなぁーと感心している私でした。
明日からはジャパンカップが始まります。私も1日から観に行きます。
皆さんも応援してくださいね。
                        宇津木妙子

Calendar

2013年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー





ミズノボールパーク

ユニチカメイト

Back Softball 2016