« 私はやっぱり、現場が好き!? | メイン | 翼状片手術、無事終わるの巻 »

先週に引き続き、「感動!と感激!そして、一つの出逢い!」

今週も忙しくしています。

1.6/21(日)in北海道
 ・北海道登別温泉にて、「スパトライアスロン2009」というイベントに
  参加してきました。
  このイベントは、
  全国の温泉会で行っているそうです。
  はじめて参加し、私も参加者の方々(親子、友達、見知らぬ方)と4kmを
  競い合い、終了するまではお互いに汗を流し、友達になったりで、とても
  いい企画と同時に、自然を満喫することができました。

  何種類かの競技に参加し、楽しいひと時を過ごしました。
  
  又、ゲスト参加していた、ジヤガー横田さんと夫の木下先生と行動を共に
  する一日であり、とても楽しく、色々と勉強になった一日でした。

2.6/22(月)〜25(水)in大分、in福岡、in静岡

22日から大分県に入り、トップアスリート派遣指導事業ソフトボール教室に
行ってきた。
文部科学省、(財)日本体育協会が、子供の体力、運動能力を向上させるために
実施している事業で、ここ数年、小学校へ訪問しています。
今期のスタートは大分県豊後大野市立菅生小学校、大分から福岡へ入り、福岡
県上尾町立南吉富小学校、そして、静岡県浜松町の浜松市立久留女木小学校へ
と、3校の子供たちとお話をし、実技指導をしました。

 【トップアスリート事業の概要】は以下のとおり
  ①開会行事として、開催趣旨の説明、講師の紹介
  ②講話  
  ③実技指導(ウオーミングアップ、ボールになれるための基本的な運動、
   そして、最後は、ノック)
  ④閉会行事、記念写真撮影

①6/23(火)in大分
 ・菅生小学校では、学校に到着すると、防犯パトロール隊の地域のお年寄り 
  の、いや、大先輩方が大きな声の挨拶で出迎えてくれた。
  教育委員会の方にたずねると、私の授業に参加するために来てくれたと言
  われ、驚きました。
 ・校長室に通されると、菅生(すがお)小学校の頭文字から、
  (す)すんで学ぶ子
  (が)んばる子
  (お)もいやりのある子
  という学校の名前から子供たちも大きな声で、学校のPRもしてくれま
  した。
 ・地域の方々に守られ、子供たちにとっても、よい環境の中で、学校生活
  を送られていました。

 ・短い時間の中で、64名の子供たちと触れ合い、パワーを頂きました。
  明日も頑張るぞ!とう気になりました!!

②6/24(水)in福岡
 ・当日は、前日の雨がグランドにPTA会長さんはじめ、先生方が砂を
  グランドに入れてたりの準備光景からのスタートである。
 ・講話は、体育館で行ったが、全校163名との元気な姿に圧倒されま
  した。難しい話しをしていると解からないし、先生方の苦労も理解した
  時間でした。
 ・実技はグランドで、生徒にノックをした後に、PTA会長及び校長先生
  までノックを受けられました。
 ・最後に校長先生からの挨拶の中で、「チャレンジをすることの大切さ」
  を話されました。
 
 私もおもう
 「出来ないから、やりたくない、出来ないから、はずかしいではない!
  やってみることが大事であり、最初は何事もまねから始まる!!」

③6/25(水)in静岡
 ・浜松町駅前ホテルに泊まり、朝8:00に出迎えの車に乗り、約1時間、
  市内から山手へ向った。2山を越えて現地の浜松市立久留女木小学校へ
  到着した。
 ・全校生徒14名の学校で、来春には廃校となるようだ。
 ・子供たちの想い出にということで、今回、応募をしたところ決定とか!?
 
 ・この子供たちは、何しろ元気で、明るい!笑顔!真剣!礼儀正しく!
  すごいの一言が当てはまり、とても感激しました!!

 ・生徒が司会をし、体育館に入ると、全員が大きな声の挨拶で出迎えてくれ、
  その場所には、子供たちより多い、保護者、地域の方が参加してくた。
 
 ・挨拶から講話をし、最後に、子供たちに対してみんなの夢は?と聞くと、
  6年生の1人の男子生徒が、「お父さんの仕事を手伝う」のが夢だと、
  女の子の1人は、お母さんがソフトボールをしていたので、私もソフト
  ボール選手なるんだと‥
  子供たちは、親の背中を観て育つという言葉を痛感しました。
 
 ・実技では、全員にノックをした。
  初めての子供ばかりでしたが、真剣にボールを捕っている、投げている姿
  に感激した。
  私も子供の頃はこうだったんだろうと感慨にふけった。毎日の練習で今で
  簡単にボールを扱えるが‥
  「継続は力なり」を改めて、痛感した!!

 ・そして、閉会式では、生徒代表の女の子2名によりお礼の言葉に、涙が
  出てしまった。
 
 ・今、私の出来る事は、子供たちに「強く生きる力」と
  何でもいいから、「1番」をつくって欲しい、
  そして、しっかりとした自分をつくって欲しい!

 ・久留女木小学校は、来年の3月で廃校になるが、この14名だったら、
  沢山の友達が出来ると思う。その時に、しっかりとした自分をもち、
  皆ととけこみ、沢山の友達つくりをしていることを願いたい。

  「来年の3月には皆に逢いに行きたいなー!」

 最後に、3校の子供たち、先生、教育委員会の皆様、地域、保護者の皆様!
 本当に有難うございました。
 
 そして、子供たちを宜しくお願いします!

 ”又、逢えることを楽しみに”

                  宇津木妙子

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー





ミズノボールパーク

ユニチカメイト

Back Softball 2016