« 関西地区にて『感動!感激!感謝!』胸いっぱい! | メイン | 先週に引き続き、「感動!と感激!そして、一つの出逢い!」 »

私はやっぱり、現場が好き!?

6/19(金)、20(土)の2日間、麗華監督とチームの上級生が、
BACKSOFTBALLの活動の一環で、小笠原諸島へ
スポーツ教室に出かけた。

船で25時間かけての旅のため、多くの者が船酔いになり、
大変だったようです。

そのため、残った若手選手の指導とノックをお願いされ、久々に、
アメリカンノック、個人ノック、松葉体操と、若手がどれくらい
体力・精神面があるのかを確認をしてみた。

懐かしさを感じながら、速射砲ノック(今でも40本/分は
いけたかな!?)と、アメリカンノックがはじまった。

【アメリカンノックとは】
 ・先ず、内野(サード→ショート→セカンド→ファースト)の
全てのポジションで選手ひとり1人が順番ノックを続けて受け、
エラーがなかったら次のポジションに移って行き、内野が終わると
ライトからセンターに走って行きながら、センターの位置で
ボールを捕球(フライ)、これも同様にエラーがないと今度は、
レフトからセンターに走って行きながら、センターの位置で
捕球(フライ)し、全6ポジションで5本なら5本のノックをエラーが
なくなるまで行うという地獄のノックである。

今回のアメリカンノックは、全ポジションにおいて、5本全てを
ミスすることなくキャッチすることをルールとした。
新人は初の体験で、緊張感、苦しさで少しぎこちない‥
又、当日は、27℃と暑い日だったため、汗だくとなり、
相当に大変だったようである。
選手の気迫と共に、ノッカーの私も気合が入る!!

先輩たちは、楽そうに走り捕球していましたが、心の中は違う!?
のだろうと感じていた。
皆、こうして心身が鍛え上げられるだなーと!
新人なら甘えも許されるし、苦しければ、直に顔に出しても新人だから許される部分もある。
しかし、先輩になると違う!
如何にも余裕があるような感じを見せている!?
このようにして、強くなっていくんだなーと!

全員が同じ練習の中で、苦しい練習に打ち勝つことの大切さを学ぶのある。

私も、久々に2,000本位は打っただろう!
3部の時は、毎日、この練習をやっていた。

また、シドニーの選手の台湾合宿は、2週間やりとおしであった。
その時を想いだすと、今でも「ゾー(冷や汗)」とする!
でも、選手も私も頑張ったんだなーと、昔が懐かしく想える‥

今の私は‥‥ 年のことはいいたくないが‥‥

達成感!充実感を味わえた2日間でした。

選手の皆、お疲れ様!!
そして、少しは、自分で自分を褒めてやろうかな‥

                    宇津木妙子

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー





ミズノボールパーク

ユニチカメイト

Back Softball 2016