aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月 アーカイブ

2009年06月09日

世間は梅雨入りモード! 私の心は常に晴れやかに行動!!

ご無沙汰しております。
日々のブログ更新が出来ればいいのですが、いつも反省しております。
反省を込めて、先週の行動を一挙に詳細にアップします!


6/1(月):松本大学講義(長野県)  宇津木麗華の誕生会(中華店)
/3(水):夕学五十講での講演(丸ビル)
/6(土)7(日):リーグ前半戦最終節(山形大会)

〔一週間のまとめ〕
 1日(月)
 松本大学の特命講師として、2回/年の講義を受け持っており、その1回目
 の講義に行ってきました。新入生が沢山出席し、北京オリンピックの結果
 を私なりに分析・振り返りながら、目的意識の持ち方、目標設定をもっての
 取組み方などを話し、学生生活においても目的、目標をもって日々行動を
 して欲しいことを伝えました。最後に一言、「今出来ることを精一杯!!」
 
 昼間の講義が終わり、夕方は、高崎市内の中華店で、宇津木麗華4●歳の
 誕生日会を、チーム全員でお祝した。我チームは、年間、何度かのパーティ
 ーを行いますが、寮でも外での食事でもよく食べてくれます。
 食べないと腹が立ちますが、支払私です。大変です(笑い)。
 冗談ですよ!皆の笑顔が観れれば、それだけで、お腹がいっぱいです!!

 3日(水)
 当日は、夕方18:30〜20:30という遅めの『夕学五十講』の講演
 でした。
 ■『夕学五十講とは』■
 慶應丸の内シティキャンパス定例講演会『夕学五十講』は、時代を読み解く
 ための領域として、8つのクラスターを定め、それに基づきテーマ、講師を
 選定しています。大学人をはじめ企業人・文化人・ジャーナリスト等、各
 分野の第一線で活躍する方々を講師に招き、夕刻18:30〜20:30に開催してい
 ます。東京駅前の丸ビル7階の丸ビルホールが会場ですので、仕事帰りに駆
 けつけれます。興味のあるテーマを集中的に聞くこともでき、あるいは幅広
 く勉強することもできます。とかく仕事に埋没しがちなビジネスパーソンに
 とって、自らの知と感性のフロンティアを開拓する絶好の機会として活用し
 ていただけます。
 
 珍しく、私としては、名前負けというか自分の弱さというか、いつもの私ら
 しい話もできず、何となく、疲れが残った講演でした。
 しかし、夕学の事務局(!?)の方あるいは、聴講者方がまとめたブログは
 流石です。
 どんな事を話したのか、興味のある方はご覧下さい。

 6日(土)、7日(日)
 前半戦の日本リーグ最終4試合。我チームは、山形県白鷹町での試合した。
 私は、ソフトボール協会派遣役員として参加しました。
 開催県の方々が大会の為の準備、大会の成功をお互いが連絡取り合い、
 そして、各役割をこなし、スムーズな大会運営をしていた。

 土曜日は、朝から雨が降り、競技委員長としての決断を下さなければならず、
 7時に球場へ行き、状況を見ての判断、グランド状態は最高で、雨のお陰で
 かえって、グランドの固めの土が和らぎ、ベストコンディションでした。
 そして、各委員会の打ち合わせ、全体朝礼といった延べ180人体制で、大会を
 運営して頂きました。
 
 会場にも熱心なソフトボールファンから白鷹の町民の方が、約2500名
 集まり大声での声援を送っていた。小・中学生と町民とチームの関係者と
 いった応援が目立った。高校生はこの時期、インターハイ予選があり、観に
 来れていない。ちょっぴり淋しい感じもした。
 
 何故ならば、高校生には更なる夢へのトップリーグのゲームを見て、学んで
 夢を追って欲しいからだ。
 日程等の関係でやも得ないのか?
 
 大会中、嬉しいニュースが届いた。三重県のインターハイの県予選が行われ
 ていた。そして宇治山田商業高校が優勝した。このチームに所属の2年生の
 エース/小倉怜さんは、小・中学生と三重県立聾学校、地元のクラブチームに
 所属しながら、普段は聾学校でピッチング練習を続けてきました。
 高校でソフトボールを続ける為、宇治山田商業高校に入学し、1年からエース
 へと・・・。
 
 夢を諦めずに取組んだ結果の優勝では・・・。
 監督との細やかなコミュニケーションは、筆談、例に「自分を信じろ」や
 「仲間を信じろ」とか、チームメイトとも積極的に接するので、友達とも
 とてもよい関係のようだ。
 
 以前、彼女とは、三重県のクリニックの時、私と三科選手、上野投手の3人
 で行った時、雨で体育館での講演時、上野投手の所に行き、一生懸命聞きな
 がら、指導を受けた選手でした。今も彼女の取組む姿勢は忘れられません。
 「やる気」本人次第でどうにもなるんだよね。
 素晴らしいことです。
 
 今年の全国総体は、奈良県ですが、更なる目標「優勝」を目指し頑張って
 欲しい・・・
 応援しています。
 「小倉怜さん頑張れ!!」
       
                      宇津木妙子

2009年06月16日

「第4回宇津木妙子杯」ソフトボール大会(in 喜多方)

梅雨の季節とともに紫陽花の花が雨の雫に当たり綺麗な時期ですね!

さて、今回、6/13(土)、14(日)と「第4回宇津木妙子杯」ソフトボール
大会が、福島県喜多方市で行われ、参加してきました。
大会は、名誉会長という立場で開催されています。
平成17年の5月に「押切川スポーツ広場」のこけら落としに行った折り、
講演の席上で白井喜多方市長さんに宇津木杯でもやったらどうかとの話しで
平成18年から開催され、今回4回目にして初めて子供たちに会いに行きま
した。


前日(13日)は歓迎パーティーを喜多方市長の白井さん、教育委員会の菅井
さん、体育協会会長の石田さんを始め、たくさんの関係者の皆さんが参加の
もと、盛大に開いて下さいました。
組織をまとめる事は大変ですが、子供たちのために盛り上がてくれてる事に
感謝の気持ちでいっぱいです。
02%20%E7%99%BD%E4%BA%95%E5%B8%82%E9%95%B7%E3%83%BB%E7%9F%B3%E7%94%B0%E4%BC%9A%E9%95%B7%E3%83%BB%E5%AE%87%E6%B4%A5%E6%9C%A8%E6%A7%98.jpg


14日朝から雨模様であったが、開会式では23チームが堂々と入場行進をし
立派でした。
私が挨拶をしているとき、突然大雨が降り出してきました。雨女ではない私で
したが、自然(梅雨)には勝てません‥
開会の挨拶では、子供たちに対し、練習に力を出し、 支援して頂く監督、競
技役員には有難うございます。
そして応援者である父兄の皆さんには熱くエールを!そんな挨拶をしていると
大雨が降り5分間中断、そして小雨の中、開会式再開、選手宣誓をし開会式を
終え、大会が始まりました。
08%20%E5%90%8D%E8%AA%89%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E9%95%B7%E6%8C%A8%E6%8B%B6.jpg


第1戦目始球式があり、私が始球式の球を投げると、なんと!河東町ソフトボ
ールスポーツ少年団キャプテンの吉田君は、ど真ん中のストレートを打ちまし
た。
CIMG1989.jpg

後にも先にも、始球式で球を打ったのを観たのも、経験したのも初めてで、
関係者も私もビックリと同時に、笑いださずにはいられませんでした!

大会の成功を祈り、その後は体育館で中学生の女子にスポーツ教室を行いまし
た。
講師はルネサスの三科選手と乾選手で、最後は私が、選手全員にノックをし、
楽しいひとときを過ごしました!

この大会も、この4年間で女子のチームが増えつつあるという事で大変嬉しく
思います。
今後も引き続き、ソフトボールを通じ、地域、親子が参加し、市の活性化にな
るといいですね。

大会運営等、関係者の皆様お疲れ様でした。そして、参加して下さった選手の
皆様、応援して頂いた父兄の皆様お疲れ様でした!!

来年も時間がとれれば参加したと思います!!
34.jpg


                        宇津木妙子

2009年06月20日

関西地区にて『感動!感激!感謝!』胸いっぱい!

1.6/16(火)in京都
 この講演は、私の後輩の依頼の講演でした。
ユニチカ当時に同じユニホームを来て走り回った彼女が、
今は、職場のリーダーになり、今回の幹事ということで、
特別講演に呼んでいただきました。
 昔の話から今現在までを総括した話しをしました!
現役の秘話なども‥
 会場に参加した殆どが女性でしたので
会場が華やかでありました。

 かわいい後輩の頑張りと新たな仕事に燃えている
後輩にエールを送りたい。

 「人を活かし、相手の立場になって、今を大切に!」

2.6/17(水)in岐阜
 岐阜のユニチカへ、久しぶりの私が入社した
垂井の工場を訪ねた。
 寮や社宅があった敷地は大きな病院になり、
松の木が昔のままにあったので、
眺めながら正門を前にあの時と変わらぬ景色。

 正門から事務所へ向かいながら、今の従業員の方々に、
今でも居るように(挨拶)し、グランドに直行した。

 懐かしい部室がネットがあった。
24年も経つ今も変わらなく、走りたくなる。
 ここでソフトボールと仕事を学び今ある自分に
『お陰様』と心の中で呟きました。

 夜は当時お世話になった上司、仲間との会食、
私のことを常に心配してくれて、
選手時代と同じように助言を頂きました。
 この年になるとなかなか忠告されず、
自分の判断・決断をしなければならない立場の中で、
有り難い一言でした。

 昔の仲間に感謝した一日の幕が閉じました!

3.6/17(水)in大阪
 そして、関西地区行脚の締めくくりは大阪である。
 今年の4月から、ユニチカメイトの
スーパーバイザーとして契約をした。

 今回、ユニチカメイトの展示会に招待と同時に、
私の初のDVDの発売日の披露パーティーを
開いていただきました。
 *詳細は、後日、リンク致します。

 メイトは勿論、制作会社のみなさんも出席し、
サプライズゲストとして、バスケットボールの
萩原美紀子(WNBA元選手)さんが会場に駆けつけて頂き、
花束を贈呈してくれ、マラソンの増田明美さんが
ビデオレターを送ってくれました。

 そして、3年前に講演に行った奈良県の
奈良市立登美が丘中学校のブラスバンド部の
卒業生(24名)と、当時、この学校で音楽を教えていた
山上隆弘先生が、現在赴任されている奈良市立平城東中学校の
ブラスバンド部員(23名)による演奏会が催された。

 講演会から3年後、今は皆バラバラな高校に進でいるのにも係らず、
山上先生の声かけで、総勢47名が集まり、あの時の講演のお礼曲として
演奏してくれた、ウルフルズの“バンザイ”、
THE BOOMの“風になりたい”、そして、アンコール曲で、
EXILEメドレーの3曲を演奏してくれた。
 卒業生は、奈良から大阪から集まり、たった2回の練習で、
息の合ったあの時と同じ音色と、山上先生の指揮に、
全員が一つになり凄いパワーの演奏に“感動”した。
 会場に来られたいたメイトの顧客様も、生徒達の演奏に感激をしていた。

 ソフトボールとは違う演奏の中からチーム作りは一緒であって、
全員の気持ちを一つに向けさせたり、カバーしあったり、
基本は同じなんだと!!

 私のために夜遅くまで参加して下さった先生、生徒の皆さん、
中学校の理解ある先生、保護者の皆様になんてお礼をしていいのか!!
 ありがとうございました。

 感動のあまり、一粒の涙が頬(ほお)をつたわり、
関西地区行脚の幕は下りた!!

                      宇津木妙子

2009年06月24日

私はやっぱり、現場が好き!?

6/19(金)、20(土)の2日間、麗華監督とチームの上級生が、
BACKSOFTBALLの活動の一環で、小笠原諸島へ
スポーツ教室に出かけた。

船で25時間かけての旅のため、多くの者が船酔いになり、
大変だったようです。

そのため、残った若手選手の指導とノックをお願いされ、久々に、
アメリカンノック、個人ノック、松葉体操と、若手がどれくらい
体力・精神面があるのかを確認をしてみた。

懐かしさを感じながら、速射砲ノック(今でも40本/分は
いけたかな!?)と、アメリカンノックがはじまった。

【アメリカンノックとは】
 ・先ず、内野(サード→ショート→セカンド→ファースト)の
全てのポジションで選手ひとり1人が順番ノックを続けて受け、
エラーがなかったら次のポジションに移って行き、内野が終わると
ライトからセンターに走って行きながら、センターの位置で
ボールを捕球(フライ)、これも同様にエラーがないと今度は、
レフトからセンターに走って行きながら、センターの位置で
捕球(フライ)し、全6ポジションで5本なら5本のノックをエラーが
なくなるまで行うという地獄のノックである。

今回のアメリカンノックは、全ポジションにおいて、5本全てを
ミスすることなくキャッチすることをルールとした。
新人は初の体験で、緊張感、苦しさで少しぎこちない‥
又、当日は、27℃と暑い日だったため、汗だくとなり、
相当に大変だったようである。
選手の気迫と共に、ノッカーの私も気合が入る!!

先輩たちは、楽そうに走り捕球していましたが、心の中は違う!?
のだろうと感じていた。
皆、こうして心身が鍛え上げられるだなーと!
新人なら甘えも許されるし、苦しければ、直に顔に出しても新人だから許される部分もある。
しかし、先輩になると違う!
如何にも余裕があるような感じを見せている!?
このようにして、強くなっていくんだなーと!

全員が同じ練習の中で、苦しい練習に打ち勝つことの大切さを学ぶのある。

私も、久々に2,000本位は打っただろう!
3部の時は、毎日、この練習をやっていた。

また、シドニーの選手の台湾合宿は、2週間やりとおしであった。
その時を想いだすと、今でも「ゾー(冷や汗)」とする!
でも、選手も私も頑張ったんだなーと、昔が懐かしく想える‥

今の私は‥‥ 年のことはいいたくないが‥‥

達成感!充実感を味わえた2日間でした。

選手の皆、お疲れ様!!
そして、少しは、自分で自分を褒めてやろうかな‥

                    宇津木妙子

2009年06月28日

先週に引き続き、「感動!と感激!そして、一つの出逢い!」

今週も忙しくしています。

1.6/21(日)in北海道
 ・北海道登別温泉にて、「スパトライアスロン2009」というイベントに
  参加してきました。
  このイベントは、
  全国の温泉会で行っているそうです。
  はじめて参加し、私も参加者の方々(親子、友達、見知らぬ方)と4kmを
  競い合い、終了するまではお互いに汗を流し、友達になったりで、とても
  いい企画と同時に、自然を満喫することができました。

  何種類かの競技に参加し、楽しいひと時を過ごしました。
  
  又、ゲスト参加していた、ジヤガー横田さんと夫の木下先生と行動を共に
  する一日であり、とても楽しく、色々と勉強になった一日でした。

2.6/22(月)〜25(水)in大分、in福岡、in静岡

22日から大分県に入り、トップアスリート派遣指導事業ソフトボール教室に
行ってきた。
文部科学省、(財)日本体育協会が、子供の体力、運動能力を向上させるために
実施している事業で、ここ数年、小学校へ訪問しています。
今期のスタートは大分県豊後大野市立菅生小学校、大分から福岡へ入り、福岡
県上尾町立南吉富小学校、そして、静岡県浜松町の浜松市立久留女木小学校へ
と、3校の子供たちとお話をし、実技指導をしました。

 【トップアスリート事業の概要】は以下のとおり
  ①開会行事として、開催趣旨の説明、講師の紹介
  ②講話  
  ③実技指導(ウオーミングアップ、ボールになれるための基本的な運動、
   そして、最後は、ノック)
  ④閉会行事、記念写真撮影

①6/23(火)in大分
 ・菅生小学校では、学校に到着すると、防犯パトロール隊の地域のお年寄り 
  の、いや、大先輩方が大きな声の挨拶で出迎えてくれた。
  教育委員会の方にたずねると、私の授業に参加するために来てくれたと言
  われ、驚きました。
 ・校長室に通されると、菅生(すがお)小学校の頭文字から、
  (す)すんで学ぶ子
  (が)んばる子
  (お)もいやりのある子
  という学校の名前から子供たちも大きな声で、学校のPRもしてくれま
  した。
 ・地域の方々に守られ、子供たちにとっても、よい環境の中で、学校生活
  を送られていました。

 ・短い時間の中で、64名の子供たちと触れ合い、パワーを頂きました。
  明日も頑張るぞ!とう気になりました!!

②6/24(水)in福岡
 ・当日は、前日の雨がグランドにPTA会長さんはじめ、先生方が砂を
  グランドに入れてたりの準備光景からのスタートである。
 ・講話は、体育館で行ったが、全校163名との元気な姿に圧倒されま
  した。難しい話しをしていると解からないし、先生方の苦労も理解した
  時間でした。
 ・実技はグランドで、生徒にノックをした後に、PTA会長及び校長先生
  までノックを受けられました。
 ・最後に校長先生からの挨拶の中で、「チャレンジをすることの大切さ」
  を話されました。
 
 私もおもう
 「出来ないから、やりたくない、出来ないから、はずかしいではない!
  やってみることが大事であり、最初は何事もまねから始まる!!」

③6/25(水)in静岡
 ・浜松町駅前ホテルに泊まり、朝8:00に出迎えの車に乗り、約1時間、
  市内から山手へ向った。2山を越えて現地の浜松市立久留女木小学校へ
  到着した。
 ・全校生徒14名の学校で、来春には廃校となるようだ。
 ・子供たちの想い出にということで、今回、応募をしたところ決定とか!?
 
 ・この子供たちは、何しろ元気で、明るい!笑顔!真剣!礼儀正しく!
  すごいの一言が当てはまり、とても感激しました!!

 ・生徒が司会をし、体育館に入ると、全員が大きな声の挨拶で出迎えてくれ、
  その場所には、子供たちより多い、保護者、地域の方が参加してくた。
 
 ・挨拶から講話をし、最後に、子供たちに対してみんなの夢は?と聞くと、
  6年生の1人の男子生徒が、「お父さんの仕事を手伝う」のが夢だと、
  女の子の1人は、お母さんがソフトボールをしていたので、私もソフト
  ボール選手なるんだと‥
  子供たちは、親の背中を観て育つという言葉を痛感しました。
 
 ・実技では、全員にノックをした。
  初めての子供ばかりでしたが、真剣にボールを捕っている、投げている姿
  に感激した。
  私も子供の頃はこうだったんだろうと感慨にふけった。毎日の練習で今で
  簡単にボールを扱えるが‥
  「継続は力なり」を改めて、痛感した!!

 ・そして、閉会式では、生徒代表の女の子2名によりお礼の言葉に、涙が
  出てしまった。
 
 ・今、私の出来る事は、子供たちに「強く生きる力」と
  何でもいいから、「1番」をつくって欲しい、
  そして、しっかりとした自分をつくって欲しい!

 ・久留女木小学校は、来年の3月で廃校になるが、この14名だったら、
  沢山の友達が出来ると思う。その時に、しっかりとした自分をもち、
  皆ととけこみ、沢山の友達つくりをしていることを願いたい。

  「来年の3月には皆に逢いに行きたいなー!」

 最後に、3校の子供たち、先生、教育委員会の皆様、地域、保護者の皆様!
 本当に有難うございました。
 
 そして、子供たちを宜しくお願いします!

 ”又、逢えることを楽しみに”

                  宇津木妙子

Calendar

2013年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー





ミズノボールパーク

ユニチカメイト

Back Softball 2016