aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2009年04月 | メイン | 2009年06月 »

2009年05月 アーカイブ

2009年05月01日

ふと、考えること!そして、反省!!

今日(5/1)は、鳥取県の鳥取湖陵高等学校より依頼を受け、
午後からの講演があり、今、鳥取空港に着いたところであります。
このような時の日課は、朝5時に起床し、家からソフトボール寮までの
約7kmを1時間ほどかけて、早歩きをしている。
その行程の中で色んな事を考えながら歩くのであるが、
今日は、そのうちの1つを皆さんに紹介します。

数日前に、民間のサウナに入って露天風呂でくつろいでいる時に、
5歳位の女の子が、私の目の前で、身体を伸ばして座れるシートに
座ろうとした時に、足元が滑り、タイミングを崩して床(岩)に
腕をぶつけて転んでしまった。

すかさず、私が「大丈夫!?」と声を掛けると、
見る見るうちにその子は、泣き出しそうであった。
そこへ、その子のお母さんが現れ、
「何やっているの!?だから、走っちゃダメといつも
言っているでしょう!」と言った。

私は、その発言を聞いて黙っていられず、
「お母さん!この子は、走って転んだのではないですよ。
シートに座ろうとして足元が滑ったんです」と言うと、
お母さんは、「はあ!そうですか」とバツが悪そうに、
その子を連れて目の前から去って行った。

ふと、私は思った。

私も、選手が練習をしていて、全てに目が届かず、
ノックを受けていて、ボールをポロリとしている瞬間だけを見て、
「何やっているんだ!」と注意していることはないだろうかと
考えさせられた。この親にしてみても、先ず、この子に、
「大丈夫!?怪我はなかった?どうして、転んだの!?」と
子供に愛情を持って声を掛けるべきではなかったのかと‥

選手もそうであるが、「この選手はいつもエラーをするので
エラーをしたのだろう」という固定観念で物事を見ている
のではないかと反省させられた。

本来、愛する子供、可愛い選手に対して、その子、
その選手を信じてやっての発言が大人として、
そして指導者としての接し方であり、そうすることにより、
その子等との間にも信頼関係が生まれ、親(指導者)のありがたさ、
言葉の大切さ、思いやりの気持ち等が芽生えさせられ、
成長して行くのではないかと‥

日々反省!精進する私でした!!

                   宇津木妙子

2009年05月05日

5月連休の過ごし方!(パートⅠ)

5月1日(金)〜5月6日(水)迄、ゴールデンウィークの方も、
休みは今日を入れて残すところ2日となりました。
皆さんにおいては、充実した長期休暇をエンジョイされていることでしょう!

ニュース等でも報道されていますが、高速道路が1000円で
何処までも乗れるということで、色んな所へ出かけている方も
多いと思いますが、くれぐれも車の運転には注意して頂き、
渋滞になってもイライラせず、安全運転に心がけて下さい。

さて、私のゴールデンウィークの過ごし方といっても、
基本は、ルネサスでの練習参加がベースで、残念ながら、
遠出をする機会には、中々恵まれません。

前回のブログでも報告のとおり、5月2日(土)に、
鳥取に講演に行ったことが唯一の遠出でしょうか!?

そこでの状況を簡単に紹介します!!

鳥取県湖陵高等学校の創立記念日の記念行事として、
毎年開催している講演会に招待を受け、行ってきました。

鳥取県は過去において、試合で何度か行ったこともありますが、
あまり印象に残っている出来事が浮かんできませんが、
鳥取砂丘には一度行ったくらいです。

今回は全校生徒(約660)名、教職員(約80名)保護者、
中学校関係者(80名)が、学校体育館に集まり、毎年、創立記念日に、
「生徒が将来に対する夢や希望を持てるよう、励まし、勇気づける事を
目的とした講演会」を趣旨として、今年が4回目となるそうです。

80分の講演を行い、質疑応答がありました
。皆真剣に聞いている方が大半ですが、中には居眠りする生徒がいたりで、
そんなときは大声あげて!まるでグランドでノックをしているかのように!!

時には、刺激を与え、メリハリのきいた講演を心がけました。

講演終了後は、校長室でサイン会が始まりました。
残念ながらソフトボール部は無かったのですが、
部活動をしている子供、そうでない子供関係なく、
多くにサインをねだられ、クリアファイルやノート、バックなどに書きました。

講演のお礼を言う生徒、頑張ってくださいと言う生徒、
素直な明るい生徒達と出逢えたことに感謝です。

そして、驚く事、空港に着くと、講演に感動してくれた
保護者の方がお礼を言いにわざわざ来てくれました。

またまた、感謝の気持ちでいっぱいになりました。


鳥取県湖陵高等学校の生徒さん、中学校・高校時代は
自分を成長させるとても大切な時期だと私の経験からも思っています!!

学生生活の中では、多くの友達と知り合い、多くのことを
学ぶチャンスがいっぱいあります。

自分に信念をもち、立派な大人になるべく、日々、礎(いしずえ)を
築き上げて行って下さい!!

講演については以上です。

更に、もう一つ、連休中のイベントがありましたが、
日を改めて、紹介します!

今日のところはこれまでです!!
ではまた!!
                             宇津木妙子

2009年05月08日

5月連休の過ごし方!(パートⅡ)

ゴールデンウィークも終わりましたね!
皆さん、リフレッシュして仕事に学校に行くことができましたか?


さて、先日のブログに続き、私のゴールデンウィーク中のひとコマをご紹介します。

小学館の『小学二年生』という雑誌を皆さん知っていますか?
おそらく多くの方が小学生時代に一度は読んだことがある雑誌だと思います。

5月3日(日)はルネサスのグラウンドで、この『小学二年生』の
「小二グングンスポーツ」というコーナーの取材&撮影でした。
キャッチボール経験があまりない子どもが、投げ方の基本(コツ)を
教えてもらうことでグングン上手くなるという企画で、
私はその先生ということでお声かけいただきました。


参加したのは武智愛之さん(パパ)&茉愛(まあい)ちゃんと
川嶋陽子さん(ママ)&陵太君の2組の親子。

私が一番大切にしている3つの約束(大きな声で返事する、
相手の目を見て話を聞く、グラウンドではかけ足)を伝えてからスタートしました。

%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF1882.jpg

ウォーミングアップは入念に。グラウンドをランニングしてから準備体操、
今回はキャッチボールがメインなので、特に肩をしっかりと回してほぐすことから始めました。

%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF1891.jpg
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF1892.jpg


そしてこれから投げ方の指導です。
まずはフォームのお手本を見せながら一緒にエアキャッチボール。
投げる瞬間に大きな声を出すと力強いボールが投げれることも伝えました。
最初はなかなか声が出なかった二人でしたが・・・
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF1895.jpg


次はなんと、紙ヒコーキ?!
そうなんです!この紙ヒコーキをまっすぐ飛ばすことができるとボールもうまく投げれるのです。
力任せに飛ばそうとするとまっすぐ飛ばないし距離も出ない。
ひじの使い方が重要になってきます。キャッチボールと同じです。
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF1899.jpg

%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF1897.jpg

私が紙ヒコーキを持ってきたときは、2組の親子はもちろん、
小学館の方やライターさんも目をまん丸くして面白かったです(笑)
いったい何に使うのだろ??って。

紙ヒコーキがうまく飛ばせるようになったらいよいよボールを使います。
まずは、一人ボール遊びでとにかくボールに慣れること。
慣れてきたらパパ・ママと一緒に1・2・3のリズムを意識させた上でのキャッチボールです。

最初はうまく投げれなかった陵太君、何度も「1・2・3」と声を出していくうちに
短時間であんなに投げれるようになって、そしてどんどん楽しそうな顔になってきたのを見て
私自身とても嬉しくなってきました。
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF1926.jpg


とても飲み込みが早い茉愛ちゃん、
これからソフトボールを始めてくれると将来がとても楽しみだなと感じました。
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF1923.jpg


キャッチボール指導も終わり、最後はきちんと挨拶をして無事取材は終了しました。
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF1935.jpg

%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF1938.jpg


そして、、、〆めはやっぱり恒例の速射砲ノック!

やる気満々、野球チームのユニフォーム姿で現れた
小学館村松さんに挨拶代わりの60球をお見舞いしましたが、
30球くらいで足が動かなくなってきましたね(笑)
鍛え直してまたチャレンジしてください!!
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF1939.jpg


それぞれ2組の親子にもノックを経験してもらい帰路につかれました。

私自身もとても良い経験をさせて頂き、本当にありがとうございました。
陵太君、茉愛ちゃん、これからも頑張ってね!!

この『小学二年生』は、9月号(8月3日頃発売)で掲載されるようです。
みなさん、機会があれば見てくださいね。


チームの方は今週末にリーグ3節、京都は西京極で
戸田中央総合病院、日立ソフトウェアと試合です。

皆さん、応援のほど、よろしくお願いいたします。

                             宇津木妙子

2009年05月11日

喝!

5月6日の女子ハンドボールの日本対韓国戦での日本ナショナルチームの勝利、おめでとう!前日の5日、ナショナルトレーニングセンターでの練習を2時間程拝見させて頂き、練習終了後に練習を観ての感想も含め、少しばかり話しをさせて頂きました。難しい話ではなく、試合における準備、勝つ執念、そして、何事に対しても徹することを心がけるように“喝”を入れました。その結果ではないけれど、何年ぶりかの対韓国戦で勝利したようです。何人かのナショナル選手のブログ等を見させ頂きましたが、この勝利が、自信につながったようですね。これからのハンドボールナショナルチームの活躍に期待します!また、何処でお会いしましょう!さて、日本リーグの結果ですが、一昨日は伊予銀行に6対0で勝利しましたが、昨日は、日立ソフトウェアに2対1と逆転負けを喫しました。この2日間の試合を観て強く感じた事は、ルネサスのチームだけでなく、見逃し三振が多かったことに対してとても残念に思いました!今日の日立ソフトウェア戦での勝敗の分け目は、まさしく、日立ソフトウェアの積極的な空振り三振とルネサスの消極的な見逃し三振だったように感じました。選手は常に、観客の方に満足をして頂ける全力プレーを心がけるべきです!西京極球場に足を運んで頂いたお客様!猛暑の観戦、誠に有難うございました!また、次の試合も宜しくお願いします!
宇津木妙子

2009年05月19日

感慨無量!

ご無沙汰しております!
先週(5/11(月)〜5/17(日))は、講演が3回程入っており、全国行脚をして
おりました。
そして、昨日(18日)は、兵庫県明石市で「いなみ野講学園高齢者大学」での
講演(講義)が予定されていましたが、新型インフルエンザの影響を受け、中止
となってしまいました。又の機会がありましたら、宜しくお願い致します。
インフルエンザについては、日増しに渡航歴のない方の感染患者が増えており
ますが、ひとり1人が意識をもって行動するしかありませんね!
外出先から戻ったら、手洗い・うがいの励行、マスクの着用など、皆で、
気をつけましょう!!

さて、先週末は、日本リーグ1部の3節、2部の大会、そして、クラブチーム
の関東大会等、ソフトボール大会が日本全国で開催されました。
試合結果が続々と私の携帯に入ってきます。

私の教え子が指導者として活躍・頑張っていることに「感慨無量」になりまし
た!
1部では、麗華監督(ルネサステクノロジ高崎事業所)、2部では、小林良美
監督(日立マクセル)、クラブチームでは、田上監督(ペヤング)及び、鈴木英都巴
監督(千葉県国体選抜チーム)が采配を振っていました。

現役の時はメチャクチャ練習漬けの選手だった彼女達が、まさか、私と同じ指導
者の道を選ぶなんて‥
それぞれに個性的でソフトボールが好きで、こだわりを持っていたなぁと記憶が
蘇ります!
頑固なところも皆備えていたようにも!?同じ立場になった今、リーダーとして
どんな思いで取り組んいるのかなぁ!?

時には自分の事以上に、教え子を心配ばかりしている私がいます!!

会社、企業スポーツはその時々の状況によっては維持して行くのが大変であり、
勝たなければ意味もなくなります。長い経験の中で沢山の事を学んだからこそ、
親心として見守り、時には激励したい!

何故ならば、企業スポーツだからです。
勝てば良いだけではなく、皆さんから愛され応援され支援されなければならない
からです。
練習、試合での平常心と同じように、普段の生活、会社に於いても平常心(社員
として)が大事です。グランドだけではなく、人間教育もしなくてはならないの
が監督の仕事だからです。

試合に於いては、七回の試合が終わるまで何が起こるか解らない。イニングを
安易にならずに、選手ひとり一人の性格を個性を活かして育てあげて欲しい!
そして、社会人としてソフトボール選手として人として育てあげて欲しいと願い
ます。
責任ある立場の中では、覚悟が大事です!

『リーダーたるもの信念を貫く』
やれる環境に感謝して頑張って欲しい!


                       宇津木妙子

2009年05月29日

一流に学ぶこと! そして、感謝の気持ちを大切に行動!!

ご無沙汰しております。

なかなかブログの更新が出来ず、反省しております。

さて、5/27(水)は、早朝よりラジオ収録を行いました。

俳優の別所哲也さんがパーソナリティーの
「Weider POWER YOUR MORNING」です。
別所さんも学生時代にバレーボールをやっていたという
体育会系の方で、話も弾み、とても充実した時間を共有出来ました。
放送日は、6/8(月)〜11(木)のAM6:25〜6:35(10分間)
ですので、学校・会社に行く前によかったらお聴きください!
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF1979.jpg

%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCF1980.jpg

%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3DSCN2341.jpg


又、昨日(28日)は、14:40〜は、栃木県体育協会主催の国民体育大会
監督会議の研修会での講演を行いました。
各競技関係の指導者の方々に私の経験、体験に基づいた話をしました。
「夢と人生」の演題から、指導者として何を優先に指導するべきか!?
今、私が悩み考えている本来の指導者とはなんなんだろうと
「技術=勝つことが第一か!? それとも、精神=心が第一か!?」
最終的な結論は、今の世の中にも言えることですが、
「人間形成、人間教育ではないか!」というような内容の話をしました。

その後、宇都宮から東京に新幹線で向かい「福山イキナリの大感謝祭」
『愛♂福山伯in武道館』こんなスローガンで全国ツアーを前にのライブと
言うか、秘蔵映像や歌とトークを観賞してきました。
何よりも全席3939円というファンにとっての有り難さ、中央を舞台に
360度ファンが見守るなか楽しい一時でした。

福山さんとは、シドニーオリンピックの取材をきっかけに、電話やメールを
する仲となり、ライブにも声を掛けて頂くようになりました。
いつも自然体の福山さんの魅力は!? そして、福山ファンとは!?

会場では、福山さんのファンに対する優しさや、さり気ない心配り、ファンは
男女問わず「雅治!あるいは、マシャ!」との声が飛びかい、会場が一体にな
る!!
これってなんなんだろう!?
「一喜一憂」をファンと共有出来る凄さをいつも感じます!!

「ふと」私たちのソフトボールはどうなんだろうか!?
試合会場に来てくれるファンの皆さんにどんな想いをさせているんだろうか!?
喜んでもらえているのかなぁ?と自問自答を繰り返しました。

ライブ終了後、楽屋で挨拶をしました。
ステージと変わらない福山さんですが、先日の夜中のTBS「BACK 
SOFT BALL」の放送を観ての話しをしてくれました。

そうなんです。放送日は、夜中の二時過ぎの番組でしたが、「今、泣きながら
観ている」という感動メールが入りました!
純粋と言うかソフトボールに対しての想いであったり、イギリスでの私の日本
語での体当たりの教室を、心配と笑いそして、挑戦する姿に心射たれたとの話を
改めて、楽屋でもしてくれました。
「本当に感謝です!!」

ソフトボール普及活動の一環として、海外にも活動の場をひろげ、ちょっと走り
始めた今、立ち止まったりして、悩み考えていた時期でもありました。

でも、福山さんのメールそして、生の声で感動したという言葉を聴き、さらに
は、
今回のこのライブが、私の少し消極的だった心を和ませ、背中を押してくれ、
「よし、また挑戦し続けよう!」という気持ちにさせてくれました。

福山さんにもファンにも感謝の時間を過ごしました!!

最後に、このブログを観て頂いている方だけへの耳より情報を紹介します。
内緒話なんですけど、福山さんの腕や胸板がキン肉マンでした!!
頑張ってトレーニングをしているようでーす!!

                        宇津木妙子

Calendar

2013年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー





ミズノボールパーク

ユニチカメイト

Back Softball 2016